ブログ WEBLOG

さまざまな屋根の形~寄棟屋根編~
2019年08月28日掲載

こんにちは!


事務の渡部(わたなべ)です🐑


今回は



屋根の形シリーズ第二弾!


「寄棟屋根」についてお伝えさせて頂きます!



前回ご紹介した切妻屋根と同じく昔から日本の住宅として親しまれてきた寄棟屋根。


頂部にある大棟から棟(下り棟)が四方向へ伸びているのが特徴です。




寄棟屋根は、それが生み出す独特の落ち着きのある外観が何といっても人気の理由といえます。


伝統的な和風住宅に使われているイメージの寄棟屋根ですが現代的でスタイリッシュな外観の住宅に合わせてもとてもカッコよく仕上がります。


また、機能面でのメリットとしては台風などの強い雨風に対する耐久性の高さが挙げられます。


屋根面が4方向に広がっているためどの方向からの風や雨、雪なども分散して受け流すことが出来ます。



ただ、寄棟屋根の最大のデメリットはコスト面です



4つの面がほかの形状の屋根に比べ斜めの部材が多く、棟や雨樋も長いためメンテナンスコストなどがアップする要因でもあります。


複雑な形状のため工期も長くなりやすい傾向にあります。


ただ、外壁の面積が多少小さくなるため使用する部材などによってうまく調整していくのがおすすめです!



2つめのデメリットとしては小屋裏が小さいということです。



屋根裏のスペースが狭いため空気の流れが悪く、特に弊社のような小屋裏エアコンにより家じゅうに空気を循環させる工法には不向きといえます。


また、雨が多く湿度の高い日本の気候では木材の劣化やシロアリの心配も・・・


などなど、やはりそれぞれにメリット・デメリットはあるので、理想やご要望に合わせた屋根の形をご提案させていただきますのでご安心ください!



 次回は陸屋根についてご紹介いたしますのでお楽しみに♪


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



あんな間取りにしたい

こんな収納が欲しい

お客様のご要望に

スタッフ一同全力でお応えいたします!

是非一度お客様のマイホームに関する夢を

お聞かせくださいませ。

お待ちしております。

https://gunma.japan-style.co.jp/contact/soudan.html