ブログ WEBLOG

さまざまな屋根の形~陸屋根編~
2019年10月05日掲載

こんにちは!


事務の渡部(わたなべ)です🐑


今回は、



屋根の形シリーズ第3弾!!「陸屋根」についてご紹介いたします♪



りくやね(ろくやね)と呼び、まったく勾配のないことが特徴です。


おもにビルやマンションで見られる屋根の形でしたが、そのデザイン性の高さなどから一般住宅でも普及するようになりました。


デザイン性の高さだけでなく、機能面でのメリットとしては



①屋上としての利用が可能



屋上がバルコニーやベランダの代わりのスペースとなり、家庭菜園や太陽光発電の設置に向いています。



②建築スペースを広くとれる


(天井が平面になるため、切妻屋根などに比べ建築スペースが広くなり居住空間を広く感じることが出来ます。)


などが挙げられます✨



ただ、戸建て住宅では現在木造建築が圧倒的シェアを占めていますが、そもそも木造住宅に陸屋根施工が不向きといえます。


陸屋根はビルやマンションなどの鉄筋コンクリート造や鉄骨造の建物が一般的です。その理由として


木造住宅の考えは、



柱や壁で建物を支え、屋根は雨水を避けるための役割(=勾配を付ける)


ですが、鉄骨造・鉄筋コンクリート造の場合



屋根も家を支える一部


という考えなので必然的に陸屋根となります。



また、最大のデメリットとしては雨漏りのリスクが通常より高まるということです。



高性能な防水処理に加え定期的なメンテンナンスが必要となりコストも必然的にかかってきてしまいます。



ただ、木造住宅でも工夫次第でコストをあまりかけずに陸屋根風に仕上げることは可能ですので是非ご検討中の方は一度ご相談ください♪


次回は第4弾として弊社でも一番人気の「片流れ屋根」についてご紹介いたしますのでお楽しみに!!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-



あんな間取りにしたい

こんな収納が欲しい

お客様のご要望に

スタッフ一同全力でお応えいたします!

是非一度お客様のマイホームに関する夢を

お聞かせくださいませ。

お待ちしております。

https://gunma.japan-style.co.jp/contact/soudan.html