ブログ WEBLOG

昔話 その3
2020年09月28日掲載

こんにちは。


設計部の立石です。


私は、春・夏・秋は登山


冬はスキーを楽しんでいました。


(1980年代~2000年代)


ある時、仲間と尾瀬の至仏山の


(日本百名山:標高2228m)


山頂から尾瀬ヶ原へスキーで滑降しよう!


と盛り上がりました。



さっそく尾瀬の山小屋が開く、


ゴールデンウィークに決行しました。



この様な装備で鳩待峠から


4時間程で山頂です。



もちろん、缶ビールで乾杯です🍺


リュックが重くても缶ビールは必携でした。


山頂でのバーベキューは最高でした。


さて、


雄大な景色の中、滑り出します。


頂上直下は障害物も無く、


ゆったりと滑れましたが、


樹林帯に入ると悪戦苦闘の連続です。



30分もしないで山ノ鼻へ到着です。


そこで山小屋に泊まり、


次の日は反対に登り返し


山頂から鳩待峠まで、登山者を


横目で見ながら滑りを楽しみました。


始めた頃はスキーを背負っている者はいませんでした。


こんなバカな事を十何年か続けましたかね...


今は「運動の秋」ですので、


運動を楽しみながら


仕事も頑張っていきたいと思います。